ワクチンの特徴・注意点/水痘ワクチン


  1. 特徴

     弱毒化した水痘帯状疱疹ウイルスを凍結乾燥した生ワクチンであり、
    添付の溶解液(局方蒸留水)で溶解し使用する。自然水痘に罹患すると
    重篤化しやすい人を主たる対象として開発されてきたワクチンであるが、
    健康児への接種も差し支えない。副反応はほとんど認められない。

  2. 接種上の注意点

     自然水痘罹患者と接触後72時間以内にワクチン接種を行えば予防は
    可能である。その場合、もし発症したとしても重篤化する心配はない。
    接種を受けた者のうち12〜15%では、後に水痘罹患をみることがある
    が症状は軽い。


<目次> <戻る> <前へ>
nob@makioka.y-min.or.jp