ワクチンの特徴・注意点/日本脳炎ワクチン


  1. 特徴

     日本脳炎ウイルス(北京株)をマウス脳内に接種し、増殖したウイル
    スを精製し、ホルマリンで不活化した後、更に精製したワクチンである。

  2. 接種上の注意点

     初めて受けるときは、基礎免疫(初回接種は1〜4週間隔で2回、翌
    年に1回追加接種)をつけることが重要である。追加免疫を4〜5年間
    隔で行う。

     日本脳炎の第1期(基礎免疫)が規定通りに接種できなかった場合は
    以下の要領により接種を行う。

    1. 第1期初回接種1回だけで1年経過した場合
      2回接種するか、1回接種して次年度1回接種する。

    2. 第1期初回接種1回のみで数年経過した場合
      2回接種し、次年度1回接種する。

    3. 第1期初回接種2回完了後2年以上経過した場合
      1回接種する。


<目次> <戻る> <前へ> <次へ>
nob@makioka.y-min.or.jp