ワクチンの特徴・注意点/おたふくかぜワクチン


  1. 特徴

     ムンプスウイルスを弱毒化したあと凍結乾燥した生ワクチンであり、
    添付の溶解液(局方蒸留水)で溶解し使用する。高温に弱い生ワクチン
    株を使用しているので保管に注意する(5度以下の冷蔵庫又は冷凍庫)。

  2. 接種上の注意点

     おたふくかぜ流行中の接種は差し支えない。おたふくかぜワクチンに
    より時に無菌性髄膜炎を発症することがあるが、自然のおたふくかぜに
    罹患した場合に比較して頻度は少ない。


<目次> <戻る> <前へ> <次へ>
nob@makioka.y-min.or.jp