ワクチンの特徴・注意点/麻疹ワクチン


  1. 特徴

     弱毒化した麻疹ウイルスを凍結乾燥した生ワクチンであり、添付の
    溶解液(局方蒸留水)で溶解し使用する。高温に弱い生ワクチン株を使
    用しているので保管に注意する(5度以下の冷蔵庫又は冷凍庫)。

  2. 接種上の注意点

     潜伏期に接種してしまった場合は野性株による発症をみるが、ワクチ
    ンのために重症化することはない。

     ガンマグロブリンの注射を受けたものは、ワクチンウイルスの増殖が
    うまくゆかないおそれがあるので、3ヵ月(ガンマグロブリンの大量療
    法の場合は6ヵ月)接種を延期する。


<目次> <戻る> <前へ> <次へ>
nob@makioka.y-min.or.jp