ワクチンの特徴・注意点/風疹ワクチン


  1. 特徴

     弱毒化した風疹ウイルスを凍結乾燥した生ワクチンであり、添付の
    溶解液(局方蒸留水)で溶解し使用する。高温に弱い生ワクチン株を使
    用しているので保管に注意する(5度以下の冷蔵庫又は冷凍庫)。

  2. 接種上の注意点

     風疹の既往の記憶はあてにならないことが多く、流行時に罹患した
    人以外はワクチン接種をすることが望ましい。抗体陽性の人にワクチン
    接種したとしても、特別な副反応は起こらず、抗体価の低い人において
    は追加免疫効果がある。

     妊娠の可能性のある成人女性に接種する場合は、胎児への感染を防止
    するため妊娠していないことを確かめ、ワクチン接種後最低2ヶ月間の
    避妊が必要である。


<目次> <戻る> <前へ> <次へ>
nob@makioka.y-min.or.jp