B型肝炎


注1:B型肝炎母子感染防止事業による。
注2:新生児に対する筋注の部位は、大腿前外側
   (上前腸骨棘と膝蓋骨を結ぶ線の中点付近で、これより内側<頸側>には片寄らない)
   に行う。(日本小児科学会雑誌 90: 415, 1966)。


<目次> <戻る> <前へ>
nob@makioka.y-min.or.jp