予防接種の接種間隔


  1. ワクチン相互の間隔

     あらかじめ混合されていない2種以上のワクチンを接種する場合には、
    不活化ワクチン及びトキソイド接種の場合は、1週間経てばワクチンに
    よる反応がなくなるため1週間以上をあけて、生ワクチン接種の場合は、
    ウイルスの干渉を防止するため4週間以上間隔をあけて次のワクチンを
    接種する。

     ただし、あらかじめ混合されていない2種以上のワクチンについて、
    医師が必要と認めた場合には、同時に接種を行うことができる。

    			表1 予防接種後の接種間隔
    
         生ワクチン           −−−>    不活化ワクチン
       ポリオ、麻疹、風疹、BCG、   4週間あける
       おたふくかせ、水痘         −−−>    生ワクチン
    
    
         不活化ワクチン         −−−>    不活化ワクチン
       DPT、DT、ジフテリア、破傷風 1週間あける
       日本脳炎、インフルエンザ、HB   −−−>    生ワクチン
    
    		
  2. 疾病罹患後の間隔

     麻疹、風疹、水痘及びおたふくかぜ等のウイルス性疾患に罹患し
    た場合には、全身状態の改善を待って接種する。通常、個体の免疫状態
    の回復を考え発病後1ヵ月以上の間隔をあけるが、軽症に経過する場合
    もあるので、一般状態を主治医が判断し、対象疾患に対する予防接種の
    その時点での重要性を考慮し決定する。また、これらの疾患の患者と接
    触し、潜伏期間内にあることが明らかな場合には、患児の状況を考慮し
    て接種を決める。


<目次> <前へ> <次へ>
nob@makioka.y-min.or.jp