予防接種の実施/予診について


 予防接種を希望する者がその必要性を理解しているか、接種不適当者
又は接種要注意者に該当しないか、当日の体調が良いか等判断するため
には予診票の活用が不可欠である。

 まず、あらかじめ配布した「予防接種と子どもの健康」や市町村の配
布した予防接種の説明書を読み、保護者又は本人が予防接種の必要性を
理解したかどうかを質問する。必要性を理解していない場合には、あら
かじめ説明書を用意しておき接種施設で読ませる必要がある。
 問診事項は安全に当該予防接種が接種可能であるかを判定する重要な
資料である。保護者の協力を得て十分に把握する。右側の医師記入欄に
は追加問診によって知り得た必要事項を記載する。

 対象者の接種前診察(視診及び聴診)は全員に実施する。健康被害は
大部分は不可避的に生ずるものであるため、これによってすべての健康
被害の発生を予見できるものではないが、医師としては、予診を尽くし、
できる最大限の努力をして、接種を受ける者の体調を確認することが大
切である。

 保護者の理解、問診及び診察において、問題点があれば、安全のため
その日は接種を中止し、最良と思われるタイミングを発見するよう、保
護者と接種者で話し合い、接種機会の確保が図られるよう努力すること
が必要である。


<目次> <戻る> <前へ> <次へ>
nob@makioka.y-min.or.jp