重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者


  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者

     重篤な急性疾患に罹患している場合には、病気の進展状況が不明であ
    り、このような状態において予防接種を行うことはできない。接種を受
    けることができない者は、「重篤な」急性疾患にかかっている者である
    ので、急性疾患であっても、軽症と判断できる場合には接種を行うこと
    ができる。


    <目次> <戻る> <前へ> <次へ>
    nob@makioka.y-min.or.jp