妊娠していることが明らかなもの(ポリオ・麻疹・風疹)


  • 急性灰白質髄炎(ポリオ)、麻疹及び風疹に係る予防接種の対
    象者にあっては、妊娠していることが明らかなもの

     一般に生ワクチンは、胎児への影響を考慮して、全妊娠期間を通じて
    接種は行わない。風疹では接種後2ヶ月間は避妊が求められている。
    麻疹及び風疹では、接種を受けた者から周囲の感受性者にワクチン
    ウイルスが感染することはないと考えられるので、妊婦のいる家庭の
    小児に接種しても心配はない。

     なお、不活化ワクチン、トキソイドの接種が胎児に影響を与える確証
    はないため、これらは接種を受けることが適当でない者の範囲には含め
    られていない。


    <目次> <戻る> <前へ> <次へ>
    nob@makioka.y-min.or.jp