当該疾患に係る予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシーを呈したことが明らかな者


  • 当該疾患に係る予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキ
    シーを呈したことが明らかな者

     百日咳ジフテリア破傷風混合ワクチン、ジフテリア破傷風混合ワク
    チン、ポリオワクチン、日本脳炎ワクチン等、繰り返し接種を予定して
    いる予防接種により、アナフィラキシーを呈した場合には、同じワクチ
    ンの接種を行わない。また、卵、カナマイシン、エリスロマイシン、
    ゼラチン等でアナフィラキシーショックをおこした既往歴のある者は、
    これを含有するワクチンの接種は行わない。(ワクチン使用説明書参照)。

     この規定は、予防接種の成分により、アナフィラキシーを呈した場合
    には、接種を行ってはならないことを規定したものである。一般的なア
    レルギーについては、接種要注意者の項を参考にされたい。


    <目次> <戻る> <前へ> <次へ>
    nob@makioka.y-min.or.jp