接種要注意者/アレルギーのおそれ


 ワクチン成分に対してアレルギーを有すると考えられる者が対象とな
る(RAST陽性又は既往の発疹等の有無)。

 一般的なアレルギー性疾患(気管支喘息、アレルギー性皮膚炎、蕁麻
疹、アレルギー性鼻炎等)やアレルギー(又はアレルギー体質)といわ
れているだけでは接種不適当者にはならない。

 予防接種液中の成分は各接種液に添付されている説明書に記載されて
いるので、接種前に熟読し、予診でチェックすることが大切である。添
加物でアレルギーと関連した報告があるのは、チメロサール、卵成分、
ゼラチン及び抗生物質等である。同一ワクチンでもメーカーにより異な
るので、必ずワクチンの添付文書で確認する。

 前回接種液によって局所反応が出た者については、以下の方法によって
ワクチン液による皮内反応を実施し、事前チェックを行う。また、卵
アレルギー、全身のひどい蕁麻疹及びアナフィラキシー等の既往のある
場合にも同様に検討する。


<目次> <戻る> <前へ>
nob@makioka.y-min.or.jp