接種要注意者/予防接種で発熱・アレルギーあり


 このような場合には、再接種後に再度症状が現われることがあるため、
注意を要する。軽度の発熱の場合には、接種を行うことができるが、高熱や
全身性発疹の場合には、対象者の年齢、疾病の流行状況等を勘案して、
接種の可否を決める。


<目次> <戻る> <前へ> <次へ>
nob@makioka.y-min.or.jp