接種不適当者及び接種要注意者


 接種不適当者とは、接種を受けることが適当でない者を指し、これら
の者には接種を行ってはならない。

 接種要注意者とは、接種の判断を行うに際し、注意を要する者を指し、
この場合、接種を受ける者の健康状態及び体質を勘案し、注意して接種
しなければならない。

 接種不適当者及び接種要注意者は、予診を行うことにより把握する。

  1. 接種を受けることが適当でない者(接種不適当者)

    予防接種実施規則第6条に規定する接種不適当者は以下のとおり。

    1. 明らかな発熱を呈している者
    2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
    3. 当該疾患に係る予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキ
      シーを呈したことが明らかな者

    4. 急性灰白質髄炎(ポリオ)、麻疹及び風疹に係る予防接種の対
      象者にあっては、妊娠していることが明らかなもの

    5. その他、予防接種を行うことが不適当な状態にある者

  2. 接種の判断を行うに際し、注意を要する者(接種要注意者)

    予防接種実施要領に規定する接種要注意者は以下のとおり。

    1. 心臓血管系疾患、腎疾患、肝臓疾患、血液疾患及び発育障害等
      の基礎疾患を有することが明らかな者

    2. 前回の予防接種で2日以内に発熱のみられた者、又は全身性発疹
      等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者

    3. 過去にけいれんの既往がある者
    4. 過去に免疫不全の診断がなされている者
    5. 接種しようとする接種液の成分に対して、アレルギーを呈する
      おそれのある者

<目次> <前へ> <次へ>
nob@makioka.y-min.or.jp