ezmlm-0.53-idx-0.30のinstall

[ Nob's Home | qmail ]

ezmlm-idxの最新version 0.53-idx-0.30をインストールしてみます。

  • 必要なもの
    ezmlm-0.53
                  ftp://koobera.math.uic.edu/pub/software/ezmlm-0.53.tar.gz 
                  ftp://ftp.ezmlm.org/pub/qmail/ezmlm-0.53.tar.gz 
                  ftp://ftp.jp.qmail.org/qmail/ezmlm-0.53.tar.gz 
    
    ezmlm-idx-0.30
                  ftp://ftp.ezmlm.org/pub/patches/ezmlm-idx-0.30.tar.gz 
                  ftp://ftp.jp.qmail.org/ezmlm/ezmlm-idx-0.30.tar.gz
    
  • 展開してpatchを当てる
    $ tar zxvf ezmlm-0.53.tar.gz
    $ tar zxvf ezmlm-idx-0.30.tar.gz
    $ cp -R ezmlm-idx-0.30/* ezmlm-0.53
    $ cd ezmlm-0.53
    $ patch < idx.patch
    (この時点で tar.gzにまとめておくとよいでしょう)
    

  • make
    $ make clean
    $ make
    $ make man
    /usr/local/bin/ezmlm 以外にinstallしたいときは
    conf-binを編集
    $ su
    # make setup
    
  • mailing listを作る
    ここでは、makioka.y-min.or.jpというホストにtest というmailing listを作ります。
    mailing listのDIRは/usr/local/ml/testにします。

    # ezmlm-make -オプション dir dot local host
    
    ここでオプションは
    -aアーカイブに保存する(default)-Aアーカイブに保存しない
    -c.ezmlmrcを使用する-C.ezmlmrcを使用しない(default)
    -dダイジェストリストを作成する-Dダイジェストリストを作成しない(default)
    -e既存のリストを修正する-E既存のリストを修正しない(default)
    -fprefixを付ける-Fprefixを付けない(default)
    -gアーカイブへのアクセスを制限する-Gアーカイブへのアクセスを制限しない(default)
    -iindexを作成する(default)-Iindexを作成しない
    -kブラックリストを作成する-Kブラックリストを作成しない(default)
    -l遠隔管理者に参加者リストを送る-L遠隔管理者に参加者リストを送らない(default)
    -mメッセージをモデレートする-Mメッセージをモデレートしない(default)
    -n新しくDIR/textを作成する-N新しくDIR/textを作成しない(default)
    -pリストを公開する(default)-Pリストを公開しない
    -qリクエストアドレスを作成する-Qリクエストアドレスを作成しない(default)
    -r遠隔管理をする-R遠隔管理をしない(default)
    -s登録の管理をする-S登録の管理をしない(default)
    -t最後に文書を添付する-T最後に文書を添付しない(default)
    -u投稿を参加者だけに制限する-U投稿を参加者だけに制限しない(default)
    -vversionを表示する-Vversionを表示する
    -xReplyアドレスにmailtoを付け、dir/mimeremoveを作る
    今回は -glrsux を使用。
    # ezmlm-make -glrsux /usr/local/ml/test /var/qmail/alias/.qmail-test test makioka.y-min.or.jp
    

  • ownerを設定
    # chown -R alias /usr/local/ml/test
    

  • prefixに連番を入れる
    /usr/local/ml/test/prefixを
    [test]から[test #]に
    

  • X-Sequenceヘッダをつける
    /usr/local/ml/test/sequenceを作り内容を
    X-Sequence:
    とする
    

  • いろいろ批判はあるけれど承知の上でReply-To:ヘッダをつけたいときは
    /usr/local/ml/test/headeraddに
    Reply-To:
    を追加する。
    
  • "test-list@makioka.y-min.or.jp"宛てにメイルを送ることで
    member listを入手できる(ただし管理者のみ)。
    [ Nob's Home | qmail ]
    nob@makioka.y-min.or.jp