Let's use mlvwm

[ Nob's Home | MkLinux ]

MkLinuxでMacのようなwindow managerを使うというのは、いかがでしょう?

Macintosh like virtual window manager (MLVWM)は、
名古屋大学大学院工学研究科の長谷川貴史 (はせがわたかし) さん
(tak@bioele.nuee.nagoya-u.ac.jp)が、開発されているwindow managerです。

mlvwmのpage によると、97.3.5にversion 0.7.0がreleaseされてます。

展開:

$ tar zxvf mlvwm-0.7.0.tar.gz -C /usr/local/src
$ cd /usr/local/src/mlvwm-0.7.0
mlvwm/Imakefileの修正:
通常、ここで xmkmf -a; makeでよいはずなんですが、
xmkmf -a; makeとすると
 /usr/X11R6.3/lib/libXpm.a(create.o): In function `SetCloseColor':
 create.o(.text+0x498): undefined reference to `XQueryColors'
 /usr/X11R6.3/lib/libXpm.a(create.o): In function `CreateColors':
 create.o(.text+0x948): undefined reference to `XQueryColors'
 /usr/X11R6.3/lib/libXpm.a(create.o): In function `FreeColors':
 create.o(.text+0xe1c): undefined reference to `XFreeColors'
 make[1]: *** [mlvwm] Error 1
と、errorになります。

解決方法は mklinux-jp MLで薬師神さん(yaku@jedi.seg.kobe-u.ac.jp)に教えていただきました。

------------------------------------------------------------

デフォルトでは libraryをリンクする順番がまずいです.
-lXpm のあとに -lX11 が来てればOKです.
mlvwm/Imakefile の
          LOCAL_LIBRARIES = $(XLIB) $(MLVWMLIBRARIES) -lXpm
を,
          LOCAL_LIBRARIES = -lXpm $(XLIB) $(MLVWMLIBRARIES)
に直して xmkmf からやり直して下さい.
------------------------------------------------------------
このようにmlvwm/Imakefile修正します。

configure.hの修正:

#define MlvwmBinDir /usr/X11/bin
#define MlvwmLibDir /usr/X11R6/lib/X11/mlvwm
として、/usr/X11R6/lib/X11/mlvwmをmkdirしておきます。 make: xmkmf -a; make としてください。

install: rootで make installです。

設定ファイル: sample_rcの中のMlvwmrcを ‾/.mlvwmrcとしてcpします。
Mlvwmrc-Ktermも‾/にcpしておきます。
‾/.mlvwmrc: IconPathが /usr/local/include/X11/pixmaps になっているので、
そのdirectoryにpixmap以下の*.xpmを入れます。
また、 mini-iconsも展開して、入れておきます。

./xinitrcの修正: fvwmを立ち上げているところを、mlvwmにします。

startxで起動します。


[ Nob's Home | MkLinux ]
nob@makioka.y-min.or.jp