bind-8.1.2 on MkLinux

[ Nob's Home | MkLinux ]

MkLinuxでbind-8.1.2を立ち上げてみます。

  • 参照すべきpage

  • bind-4.9.6のインストール
    named起動のスクリプトなどを利用できるように、
    DR3/RedHat/RPMS/bind-4.9.6-7a.ppc.rpmをinstallしておきます。
    $ su
    # rpm -ivh /mnt/cdrom/RedHat/RPMS/bind-4.9.6-7a.ppc.rpm
    # exit
    

  • ソースの入手

  • コンパイルとインストール
    MkLinuxではlinuxとして問題なくコンパイルできます(当然か)。
    $ mkdir bind-8.1.2
    $ tar zxvf bind-8.1.2-src.tar.gz -C bind-8.1.2
    $ cd bind-8.1.2/src
    $ make depend
    $ su
    # make install
    

  • cacheのみのname serverの構築
    cacheのみのname serverは
    • ループバックアドレス 0.0.127.in-addr.arpa
    • キャシュデータ named.cache
    だけで構成されます。

    namedに関するファイルは /var/named/に置きます。

    0.0.127.in-addr.arpaのデータは
    bind-8.1.2/src/bin/named/test/に含まれているものが利用できます。

    # mkdir -f /var/named
    # cp bind-8.1.2/src/bin/named/test/127.0.0.zone /var/named
    # cp bind-8.1.2/src/bin/named/test/localhost.zone /var/named
    
    named.cacheは ftp://rs.internic.net/domain/named.root をgetして
    # cp named.root /var/named/named.cache
    
    として置いてください。

  • /etc/named.confの設定
    namedの起動時の設定を行うファイルは、
    従来の/etc/named.bootから/etc/named.confに代わりました。
    ------------------------------------------------
    directory	/var/named
    primary     0.0.127.in-addr.arpa    127.0.0.zone
    cache       .                       named.cache
    ------------------------------------------------
    
    という named.bootは
    # bind-8.1.2/src/bin/named/named-bootconf.pl  named.boot >named.conf    
    
    としてnamed.confに変換できます。
    ------------------------------------------------
    options {
            directory "/var/named";
    };
    
    zone "0.0.127.in-addr.arpa" {
            type master;
            file "127.0.0.zone";
    };
    
    zone "." {
            type hint;
            file "named.cache";
    };
    ------------------------------------------------
    
    となります。

    named.confも/var/namedにおき、

    # ln -s /var/named/named.conf /etc/named.conf
    
    とリンクをはります。

  • /etc/rc.d/init.d/namedの修正
    [ -f /etc/named.boot ] || exit 0
    を
    [ -f /etc/named.conf ] || exit 0
    
    に修正してください。

  • namedの起動
    # /etc/rc.d/init.d/named start
    
    で起動します。
    [root@mklinux named]#   /etc/rc.d/init.d/named start
    Starting named: named
    
    と出て、/var/log/messagesで
    Jul  5 13:54:48 mklinux named[3507]: starting.  named 8.1.2 Sat Jul  4 21:37:12 JST 1998 ^Inob@mklinux.y-min.or.jp:/home
    /nob/bind/src/bin/named
    Jul  5 13:54:48 mklinux named[3507]: master zone "localhost" (IN) loaded (serial 42)
    Jul  5 13:54:48 mklinux named[3507]: master zone "0.0.127.in-addr.arpa" (IN) loaded (serial 42)
    Jul  5 13:54:48 mklinux named[3507]: cache zone "" (IN) loaded (serial 0)
    Jul  5 13:54:48 mklinux named[3507]: listening on [127.0.0.1].53 (lo)
    Jul  5 13:54:48 mklinux named[3507]: Forwarding source address is [127.0.0.1].1140
    Jul  5 13:54:48 mklinux named[3508]: Ready to answer queries.
    
    というようにnamedが起動していればOKです。

  • /etc/resolv.confの設定
    nameserver 127.0.0.1
    
    とします。

  • nslookupしてみる
    # nslookup
    Default Server:  localhost
    Address:  127.0.0.1
    
    > www.mklinux.apple.com ←調べたいdomain nameを入力します。
    Server:  localhost
    Address:  127.0.0.1
    
    Name:    www.mklinux.apple.com ←答えがくるまでに少し時間がかかります。
    Address:  17.254.0.103
    
    > www.mklinux.apple.com ←もう一度問い合わせて見ると、
    
    Non-authoritative answer: ←すぐに応答があります。これがcacheの効果です。
    Name:    www.mklinux.apple.com
    Address:  17.254.0.103
    
    > exit
    

  • [ Nob's Home | MkLinux ]
    nob@makioka.y-min.or.jp