NFS on MkLinux

[ Nob's Home | MkLinux ]

MkLinuxでNFS serverを立ち上げてみましょう。

DR2.1に mklinuxfiles/archives/rpm.bin/nfs-server-2.2beta4-8.ppc.rpm がありますが、
これはうまく動作しません。

ftp://linux.nrao.edu/pub/people/okir/から最新のnfs-serverを入手してください。
1997.7.5現在nfs-server-2.2beta26.tar.gzが出てます。

拙作の MkLinux用のpatchを入手してください。

$ tar zxvf nfs-server-2.2beta26.tar.gz -C /usr/local/src
$ cd /usr/local/src/nfs-server-2.2beta26
$ cat nfs-server-2.2beta26.mklinux.diff | patch -p1
$ ./BUILD
$ make
$ su
# make install
rpc.nfsd, rpc.mountd が /usr/sbinにinstallされます。

NFSで公開する directory の設定は /etc/exports に記入します。

/mnt    makioka(rw)
としておくと、makioka というhostから /mnt をread/write可能で利用できます。
詳しくは、 man exports してください。

nfs serverの立ち上げは、/etc/rc.d/init.d/nfs により行います。

# /etc/rc.d/init.d/nfs start
としてみてください。

Starting NFS services: rpc.mountd Cannot register service: RPC: Unable to receive; errno = Connection refused
rpc.nfsd Cannot register service: RPC: Unable to receive; errno = Connection refused
とerrorが起きます。これは、portmap daemonが起動していないためです。
# /etc/rc.d/init.d/portmap.init start
としてportmapを起動しましょう。
おや、起動しませんか?
# ls /usr/sbin/portmap
ls: /usr/sbin/portmap: No such file or directory
portmap がないようです。
# ln -s /usr/sbin/rpc.portmap /usr/sbin/portmap
とリンクを張ってから、portmapを起動した後に nfs serverを起動してください。


[ Nob's Home | MkLinux ]
nob@makioka.y-min.or.jp