How to install MkLinux DR2.1update5

[ Nob's Home | MkLinux ]

MkLinux DR2.1 update5が出ました。 などからgetできます。

今回はDR2.1をinstallし、update5にする手順をまとめます。

  • PM8100/80AVにinsatallします。
    SCSIの構成は
    	0 = Fujitsu 1GB (Int)    <---- 今回はここにinstallします
    	2 = Quantum 540MB (Ext)  <---- 最低限のMacOSと昔のDR2がinstallされている
    	3 = CD-ROM (Int)
    
    です。

  • partition
    内蔵HDD(Fujitsu 1GB)を pdisk でpartitionします。
    pdiskは ftp://ftp.mklinux.apple.com/pub/Other_tools/pdisk/から入手できます。
    MacOS用は、 pdisk.hqx.970115です。

    SCSI ID=0 は /dev/sda です。

    /dev/sda
       #:                 type name                length   base    ( size )
       1:  Apple_partition_map Apple                  100 @ 1      
       2: FWB Driver Components FWB Driver Components    1024 @ 101    
       3:       Apple_Driver43 FWB Disk Driver        120 @ 1125   
       4:      Apple_UNIX_SVR2 root                204800 @ 1245    (100.0M)
       5:      Apple_UNIX_SVR2 usr                1638400 @ 206045  (800.0M)
       6:      Apple_UNIX_SVR2 swap                225500 @ 1844445 (110.1M)
       7:            Apple_HFS MacOS                62046 @ 2069945 ( 30.3M)
       8:           Apple_Free Extra                    1 @ 2131991
    
    としました。

  • DR2.1のinstall
    MkLinux DR2.1のCD-ROMから"Install MkLinux"を起動して、以下のように質問に答えます。
    
    Do you wish to continue? [Y/N] y
    What is the SCSI ID of the drive to have MkLinux installed? 0
                                                        <----- SCSI ID=0なので 0
    *** A/UX (MkLinux) partitions of SCSI Drive 0
    
    #04 Blocks : 204800  (100.00 MBs) Name  
    #05 Blocks : 1638400 (800.00 MBs) Name  
    #06 Blocks : 225500  (110.11 MBs) Name  
    略
    Which partition is to be used for /?4               <----- / は4番目のpartitionに
    略
    Which partition is to be used for swap?6            <----- swap は6番目のpartitionに
    
    Do you wish to have a /usr file system? [Y/N] y     <----- /usrを/と別にしているので y
    略
    Which partition is to be used for /usr?5            <----- /usr は5番目のpartitionに
    略
    Do you wish to create additional file systems for this installation? [Y/N] n  
                                                        <----- 他のpartitionはないので n
    
    There are 3 file systems defined.
    FS                   Linux Device         Size      
    /                    /dev/sda4            100.00 MBs on partition 4
    swap                 /dev/sda6            110.11 MBs on partition 6
    /usr                 /dev/sda5            800.00 MBs on partition 5
    
    
    Are these partitions correct? [Y/N] y               <----- これで正しいので y
    略
    Are you really, really SURE you want do this? [Y/N] y
                                                        <----- y と答えるとformatされinstallが始まります。
                                                               HDD上のdataは全て失われます。
    
  • MkLinux BooterとMach Kernelの入れ替え
    Installが完了したら、MkLinux BooterとMach Kernelをupdate5のものと入れ替えます。

    update5ではMkLinux_Booter.hqx, Mach_Kernel.gzという形で配布されています。

    MkLinux_Booter.hqxは StuffIt Expanderで "MkLinux Booter"にします。
    (MacOSのFetchなどで getした場合、自動的になっているかもしれません。)
    Mach_Kernel.gzはMacGzipで、"Mach_Kernel"と伸長し、
    "Mach Kernel"と名前を変えます。(MachとKernelの間にspace1個)

    "MkLinux Booter"と"Mach Kernel"を起動ディスクのシステムフォルダの機能拡張フォルダに入れます。
    念のため、オリジナルのDR2.1のものを保存しておくとよいでしょう。

  • MkLinuxの起動
    一度、コントロールパネルの"MkLinux"を開いて、"Custom"ボタンを押します。
    rootdev=/dev/sda4
    
    となっていることを確認し、Restartしてください。

  • vmlinuxとdefault_pagerの入れ替え
    無事にMkLInuxが立ち上がったら、rootでloginします。
    networkの設定を適宜行ってください。

    MacOSのpartition("MacOS"という名前)の"DR2.1"フォルダの中の"DR2.1Update5"というフォルダに
    "vmlinux.gz"、"default_pager.gz"という名前で置かれているとします。
    MacOSのpartitionをMkLinuxで使用できるようにマウントし、hcopyして/mach_serversに入れます。

    # hmount /dev/sda                    Volume name is "MacOS"とか出ます
    # hdir                               フォルダの名前が表示されます 
    # hcd "DR2.1:DR2.1Update5"
    # hdir                               update5のファイルが表示されます
    # hcopy vmlinux.gz .                 MkLinuxカレントディレクトリ(おそらく/root/)にcopyします
    # hcopy default_pager.gz .
    # cp vmlinux.gz /mach_servers        /mach_serversにcpします 
    # cp default_pager.gz /mach_servers 
    # cd /mach_servers                   /mach_serversに移動して
    # mv vmlinux vmlinux.org             DR2.1のオリジナルを保存しておきます
    # mv default_pager default_pager.org
    # gunzip vmlinux.gz                  伸長します
    # gunzip default_pager.gz
    # shutdown -r now                    shutdownして再起動します
    
  • shared libraryのinstall
    shared libraryはupdate3から導入されupdate4で正式にサポートされるようになりました。

    DR2.1からinstallするときは、
     Updates/DR2.1update4/Alternates/RPMS/ppc/**** を
     Updates/DR2.1update4/Alternates/install_shlibs.u2u4 で install します。

       update3のshared libraryがすでにinstallされている場合は、
       Updates/DR2.1update4/RPMS/ppc/*** を
       Updates/DR2.1update4/install_shlibs.u3u4 で install します。

    などから、"******-(version番号)-(アルファベット大文字).ppc.rpm"を全てgetします。

    install_shlibs.u2u4 を

    などからgetします。

    Alternates
          install_shlibs.u2u4
          RPMS
             ppc
               NetKit-B-0.08-13C.ppc.rpm
               SysVinit-2.64-8B.ppc.rpm 
               略
               zlib-devel-1.0.4-1B.ppc.rpm
    
    という構成にしておいて、
    # cd Alternates
    # sh install_shlibs.u2u4
    
    としてinstallします。最初の確認では"yes"と答えます。
    installが終了したら、shutdownやrebootコマンドが効かないので、
    command+control+power_Keyで再起動させます。

  • [ Nob's Home | MkLinux ]
    nob@makioka.y-min.or.jp