Debian GNU/Linux for PPC --- X

[ Nob's Home | LinuxPPC | Debian GNU/Linux for PPC ]

XF86Config

installしたばかりの状態では、startxでXを起動することができません。
これはinstallされた/etc/X11/XF86Configの設定に問題があるためです。

とりあえずXを動かすためには、 XFree86-FBDevやmanualを参考にして、XFree86Configを作成してください。 参考までに、現在使っているXF86Configを置いておきます。

USB mouse

USB mouseを使用するには、以下の設定を行います。
# rm /dev/mouse
# ln -s /dev/usbmouse /dev/mouse
# vi /etc/gpm.conf
	device=/dev/usbmouse
	type=imps2
	のみに

Videoの設定

YosemiteではBootXのKernel argumentsに
video=aty128fb:vmode:17,cmode:24
とします。
vmodeの値は以下のとおり、cmodeはカラー解像度です。
 1 512x384 @ 60Hz (Interlaced-NTSC) 
 2 512x384 @ 60Hz                                         
 3 640x480 @ 50Hz (Interlaced-PAL)           
 4 640x480 @ 60Hz (Interlaced-NTSC) 
 5 640x480 @ 60Hz         
 6 640x480 @ 67Hz 
 7 640x870 @ 75Hz (Portrait) 
 8 768x576 @ 50Hz (Interlaced-PAL) 
 9 800x600 @ 56Hz 
10 800x600 @ 60Hz                                              
11 800x600 @ 72Hz 
12 800x600 @ 75Hz 
13 832x624 @ 75Hz 
14 1024x768 @ 60Hz 
15 1024x768 @ 72Hz 
16 1024x768 @ 75Hz 
17 1024x768 @ 75Hz
18 1152x870 @ 75Hz 
19 1280x960 @ 75Hz 
20 1280x1024 @ 75Hz 
しかし、現在使用しているXF68_FBDevではaccerelationが無効なんです。
[ Nob's Home | LinuxPPC | Debian GNU/Linux for PPC ]
nob@makioka.y-min.or.jp