Debian GNU/Linux for PPC --- Install

[ Nob's Home | LinuxPPC | Debian GNU/Linux for PPC ]

Debian GNU/Linux for PPC CDROM

MacExpo 2000で配付したCDROMはbinary dataとsource dataの2枚組です。
binary Dataと書かれたinstall CDのfrom JPLUGフォルダに、
"Why Debian ?"というファイルがあります。
ここには何故いまDebianなのかという理由があります。

installの前に

RedHat系のinstallと同じように、Linux用のpartitionを作成しておきます。
1GBほどをswapに100MB、残りをrootでOKです。

MacOSでの作業

install CDの"Install Files"フォルダから 対応するkernelが判らないときは、
とりあえず、vmlinux-2.2.15pre4を試してみてください。
BootX Appを開き、Kernel:を適切なものにして"Linux"ボタンをクリックします。
"Use RAM Disk"と"No video driver"のチェックは付けたままにしておきます。
argumentsの"ramdisk_size"もそのままにしておきます。

Debian installer

青のbackにDebian GNU/Linux 2.2のwindowが表示されます。
リターンでContinueします。
  • Configure the Keyboard
    mac/mac-us-ext または mac-us-stdを選びます。

  • Initialize and Activate a Swap Partition
    swapに割り当てたpartitionを選択しinitializeします。

  • Initialize a Linux Partition
    rootに割り当てたpartitionを選択しinitializeします。 Mount as the Root Filesystem?と尋ねられるのでYesです。

  • Install Operation System Kernel and Modules
    CD-ROM driveの/debianからkernelとmoduleをinstallします。
    potato/main/disks-powerpc/2.2.1-1999-10-21/powermacを選んで下さい。

    ここからはinstallerが開発途上ですので、手動で項目を選択します。

  • Install the Base System
    ↓でInstall the Base Systemを選択してください。
    CDROMからbase-2.2をinstallします。
    これで基本のsystemのinstallは終了しました。

  • Configure the Base System
    ↓でConfigure the Base Systemを選択します。 TimezoneをJapanにしてGMTにあわせます。

  • Configure the Network
    ↓でConfigure the Networkを選択し
    host名、domain名を設定し、IP address、Subnetmask、Gateway などを設定します。

  • Reboot the system
    ↓でReboot the systemを選択し、rebootします。
  • Debian GNU/Linx for PPCの起動

    BootXでRoot deviceはroot partition を指定します。
    今度は、Kernelはそのままですが、
    "Use RAM Disk"のチェックをはずし、argumentsは消します。
    "No video driver"のチェックはそのまま付けておきます。
    "Save to prefs"をクリックして設定を保存して、Linuxをクリックします。

    rootのpassword、一般ユーザの登録、shadow passwordの設定

    Enter new UNIX password:と尋ねられるので、rootのpasswordを設定します。
    表示されませんが、同じ文字列を2回入力します。
    Shall I create a normal user account now? にYと答えて、一般ユーザを登録します。
    Shall I install shadow password?にはYと答えてください。

    apt-get

    これからが本当のDebianのinstallです。
    とりあえずYでどんどん答えていってください。

    途中modutilsとmodconfのエラーで止まりますが、enterで続けます。

    package listとしてはDesktopを選択します。
    (本来ならばServer関連のpackageはinstallされないはずなのですが、
    なぜかすべてのpackageがinstallされてしまいます。)

    Have a fun!となればinstall終了です。


    [ Nob's Home | LinuxPPC | Debian GNU/Linux for PPC ]
    nob@makioka.y-min.or.jp