update MkLinux preDR3/DR3 to LinuxPPC

[ Nob's Home | LinuxPPC ]

MkLinux preDR3/DR3からのLinuxPPCへの移行について(1999.1.17改訂)

MkLinux preDR3/DR3のuserは簡単にLinuxPPCに移行できます。
外付けHDD /dev/sdd4にinstallされているMkLinuxを
最新のLinuxPPCにしてみましょう。

従来 LinuxPPCの起動にはOpenFirmware(OF)が用いられてきましたが、
"BootX"というシステムが利用可能になりました。

BootX を利用するとMacOS起動後あるいは起動中に起動OSを選択できます。
BootXの最新のversionは1999.1.17現在、1.0.1です。
http://calvaweb.calvacom.fr/bh40/ から入手できます。
(以下の画像などでは1.0b6のままですが、気にしないでください)

getしたらStuffItExpanderなどで伸長してください。

"BootX"フォルダ内の"MakeMkPlugin"を起動します。
MkLinux booterがinstallされていれば、windowが開いて、
機能拡張フォルダに"MkLinux BootX Plugin" が作成されます。

--------------------------------------------------
MakeMkPlugin 0.1

Searching MkLinux booter in Extensions folder....
Building "MkLinux BootX Plugin" ...
Changing type/creator...
Patching...
Done.
--------------------------------------------------

MakeMkPluginを終了します。

このPluginにより、起動の際にBootXでMacOS・LinuxPPCに加えて、
MkLinuxも選択できるようになります。



"BootX App"と"・ BootX Extension"をシステムフォルダにdragします。
それぞれコントロールパネルフォルダと機能拡張フォルダに入ります。
*** 忘れずに"MkLinux booter"を機能拡張フォルダから出しておきます。***

LinuxPPCの最新のkernelは1998.12.14現在 2.1.130です。

ftp://samba.anu.edu.au/pub/linux-pmac/ から入手できます。

通常、 ftp://samba.anu.edu.au/pub/linux-pmac/vmlinux.gz をgetしてMacGzipで伸長するのがよいでしょう。
vmlinuxのgetは専用のFTPクライアントソフトで***必ず***
binary modeで行って下さい。

同時にvmlinuxのversionに対応した modules-***.tar.gzもgetしてください。

できた"vmlinux"をシステムフォルダに入れます。
(FinderやSystemと同じレベルに置きます)

コントロールパネルから"BootX App"を開きます。

ここで"MacOS"を選択すると、MacOSに戻れます。

"Linux"をクリックする前に、

Root device 	/dev/sdd4 (MkLinuxをinsatllしたところです)
Use RAM disk 	checkしない
No video driver	checkする
More kernel arguments	空のまま
として、"Save to pref"をクリックして設定を保存します

では、"Linux"をクリックしてみてください。
自動的にLinuxPPCが起動します。画面左上にペンギンが出ましたか?

無事起動したら、vmlinuxと共にgetしておいたmodulesをinstallします。

# tar zxvf modules-*.tar.gz -C /

MkLinuxからLinuxPPCに移行すると、時計の設定がおかしくなります。
これはMkLinuxの /sbin/clock がダミーであるためです。
pmac-utils-1.1.1-1.ppc.rpmをgetしてください。

# rpm -e clock-mklinux
# rpm -ivh pmac-utils-1.1.1-1.ppc.rpm
としてinstallしてください。

また、MkLinuxで使えていた3ボタンのマウスの中・右ボタンが、
そのままでは使用できなくなります。
先にinstallしたpmac-utilsに含まれている mousemode コマンドを使って、

# /sbin/mousemode 3 4
とすると、中・右ボタンが使用できるようになります。
起動時に実行されるように、/etc/rc.d/rc.local に追加しておきましょう。

LinuxPPCを終了してMacを再起動すると、
MacOSの起動の途中で"Choose your OS"のwindowが出ます。
MacOS、Linux(PPC)、MkLinuxのどれかを選択してください。


[ Nob's Home | LinuxPPC ]
nob@makioka.y-min.or.jp