Blue & White G3 --- Xpmac Rage-128

[ Nob's Home | LinuxPPC | Blue & White G3 ]

LinuxPPC 1999 Q3でinstallすると、X serverはXF68_FBDev-3.3.3.1になります。
このX serverではB/W G3自慢のVideo CardであるATY Rage-128の性能を生かしきれていません。
そこで、Rage-128でaccelerationを可能にしてあるXpmac serverを導入してみます。

Xpmac with Rage-128

Xpmac with Rage-128 serverは Kevin Hendricksさんが、公開されていますが、
及川さんが開発されているものです。 ftp://ftp.linuxppc.org/install/BlueG3/X/
からgetできますが、Ring Serverなど国内のミラーを使ってください。

install

# gunzip Xpmac.rage128.usb.rev9.gz 
# cp Xpmac.rage128.usb.rev9 /usr/X11R6/bin/
# cd /usr/X11R6/bin
# chmod 755 Xpmac.rage128.usb.rev9
# cd /etc/X11
# rm -f X
# ln -s /usr/X11R6/bin/Xpmac.rage128.usb.rev9 X

起動

Xpmacを使用する場合は、MacOSで希望の解像度、カラーに設定し、
BootXで"No video driver"をチェックして起動します。
XF86Configは必要としないので、Xconfiguratorも実行する必要はありません。

USB-JIS keyboard

XpmacではXF86Configによるkeyboardの設定は無効です。
jis対応のkernelを使用しても、Xではusb-us keyboardのkey配列になってしまいます。
JE-2.0.2のXFree86-3.3.5+XTT121-7.ppc.rpmに含まれている、
/usr/X11/lib/X11/xkb/symbols/jp
/usr/X11/lib/X11/xkb/keymap/macintosh
/usr/X11/lib/X11/xkb/keycodes/usb
/usr/X11/lib/X11/xkb/keycodes/macintosh
をまとめた、usb-jis-xkb.tar.gzをgetして、
# tar zxvf usb-jis-xkb.tar.gz -C /
でinstallします。
# startx -- -kbdtype "../jp(mac_adb)"   <--- mac_usbではない
で試して、問題なければ、 天野さんの記述に従い、
# vi /etc/X11/xinit/xserverrc
	   #!/bin/sh
       exec X -kbdtype "../jp(mac_adb)" $@
# chmod 755 /etc/X11/xinit/xserverrc
# vi /usr/X11R6/bin/startx
       -xinit $clientargs -- $display $serverargs
       +xinit $clientargs -- $serverargs $display
run level 5でgdmでloginしている場合は、
# vi /etc/X11/gdm/gdm.conf
       [servers]
       0=/usr/bin/X11/X -kbdtype "../jp(mac_adb)"

[ Nob's Home | LinuxPPC | Blue & White G3 ]
nob@makioka.y-min.or.jp