Blue & White G3 --- Kernel再構築 pmac-stable with USB-JIS

[ Nob's Home | LinuxPPC | Blue & White G3 ]

Blue & White G3で最新のlinux-pmac-stableをUSB-JIS supportを加えて再構築します。

最近ではkernel.orgなどofficialなversionでもppcのsupportが早くなりましたが、
pmac用は開発元のPaul Mackerrasさんのところが最新です。

2000.1.28現在、linux-pmac-stableのversionは2.2.15pre4になっています。

rsync

rsyncでlinuxcare.com.auのlinux-pmac-stableをgetします。
# cd /usr/src
# rsync -avz linuxcare.com.au::linux-pmac-stable /usr/src/linux-pmac-stable
# ln -s linux-pmac-stable linux
ヘッダファイルのlinkを張ります。
# cd /usr/include
# rm -rf linux scsi asm
# ln -s /usr/src/linux/include/linux/ linux
# ln -s /usr/src/linux/include/scsi/ scsi
# ln -s /usr/src/linux/include/asm-ppc/ asm
2000.1.27現在、aty128fb-2.2.14pre9-991030.patchは取り込まれています。

usb-jis.patch

天野さんのまとめられているpatchから、 高橋さんのusb-jis.patchを当てます。
# cd /usr/src/linux
# patch -p1 < usb-jis.patch
このusb-jis.patchをあてなくても、後述する 長田さんのapple-jis.mapを元にしたkmapを使用すると、
ほぼUSB-JIS Keyboardが使用できます。
問題は、"_","¥","|"で、これらを入力するためにはusb-jis.patchが必要です。

config & make

configはdot.config-2.2.14pre9-rev1または、 dot.config-2.2.14pre9-rev2を流用します。
# cd /usr/src/linux
# make mrproper
# make pmac_config
# make menuconfig または make xconfig
  	Rev.1のときはdot.config-2.2.14pre9-rev1を
    Rev.2のときはdot.config-2.2.14pre9-rev2をloadします。
    Saveして終了します。
# make dep
# make clean
# make vmlinux
あたらしいvmlinuxとSystem.mapができているはずです。

System.map

System.mapを/bootにおきます。
# cd /boot
# rm -f System.map
# cp /usr/src/linux/System.map /boot/System.map-2.2.15pre4
# ln -s System.map-2.2.15pre4 System.map

make modules

# cd /usr/src/linux
# make modules
# make modules_install
# /sbin/depmod -a 2.2.15pre4

USB-JIS用keymap

長田さんのapple-jis.mapを元にしたkmapを使用します。
これで、"_","¥","|"も入力できます。
/etc/sysconfig/console/default.kmapにlinkします。
# cp apple-jis.kmap.gz /usr/lib/kbd/keymaps/usb
# ln -s /usr/lib/kbd/keymaps/usb/apple-jis.kmap.gz /etc/sysconfig/console/default.kmap

keyboardとmouseの変更

再起動前に、/etc/sysconfig/keyboardと/etc/sysconfig/mouseを変更します。
/etc/sysconfig/console/default.kmapが存在するときは、
/etc/sysconfig/keyboardは参照されませんが、変更しておきましょう。
/etc/sysconfig/keyboardは
KEYTABLE="apple-jis"
KEYBOARDTYPE="usb"
/etc/sysconfig/mouseは
MOUSETYPE="imps2"
XMOUSETYPE="IMPS/2"
FULLNAME="Universal Serial Bus 1 Button Mouse (USB)"
XEMU3=yes
とします。

Xautoconfig

さらに、Xautoconfigで/etc/X11/XF86Configを更新しておきます。
# /usr/X11R6/bin/Xautoconfig

新しいkernelをMacOSのHFSへ

# cp /usr/src/linux/vmlinux /mnt/mac/vmlinux-2.2.15pre4-rev1-jis

新しいkernelで起動

MacOSで再起動して、HFSにcpしたvmlinux-2.2.15pre4-rev1-jisを
システムフォルダのLinux Kernelsフォルダに入れ、
BootXで選択して、再起動します。

できあがったもの


[ Nob's Home | LinuxPPC | Blue & White G3 ]
nob@makioka.y-min.or.jp