pppd on Linux

[ Nob's Home | Linux/i386 ]

pppd を最新のものにします。

What you need

kernel と pppd の source を getし patchをあてて再構築する必要があります。
さらに omoikane では XFSというfile systemを採用しているので、
kernel に xfs用のpatchを当てる必要があります。

pppd

$ cd
$ cd src/ppp
$ ./configure
$ make
$ su
# make install

kernel moduleの再構築

linux-2.4.18.tar.bz2とxfs-2.4.18-all-i386.bz2は /home/nob に置いてあります。
$ cd
$ su
# bzip2 -dc linux-2.4.18.tar.bz2 | tar -xvf - -C /usr/src
# cd /usr/src/linux
# bzip2 -dc /home/nob/xfs-2.4.18-all-i386.bz2 | patch -p1
# make menuconfig
# make dep
makeする前にmppwのpatchを当てます。
# cd /home/nob/src/ppp/linux/mppe
# sh mppeinstall.sh /usr/src/linux
Is this a 2.2 kernel or 2.4 kernel: 2.4 と入力
I will now patch the kernel in directory /usr/src/linux
Press ret to continue, CTRL-C to exit: return を押す
patching file include/linux/ppp-comp.h
patching file drivers/net/Config.in
Hunk #1 succeeded at 277 (offset -2 lines).
patching file drivers/net/Makefile
Hunk #2 succeeded at 138 (offset -2 lines).
Hunk #3 succeeded at 244 (offset -2 lines).
patching file drivers/net/ppp_generic.c
`/home/nob/src/ppp/linux/mppe/sha1.c' -> `drivers/net/sha1.c'
`/home/nob/src/ppp/linux/mppe/sha1.h' -> `drivers/net/sha1.h'
`/home/nob/src/ppp/linux/mppe/arcfour.c' -> `drivers/net/arcfour.c'
`/home/nob/src/ppp/linux/mppe/arcfour.h' -> `drivers/net/arcfour.h'
`/home/nob/src/ppp/linux/mppe/ppp_mppe_compress.c' -> `drivers/net/ppp_mppe_compress.c'
再度 make menuconfigするか.configをeditして
# cd /usr/src/linux
# vi .config
   CONFIG_PPP_MPPE=m を追加します。make menuconfigして追加してもOKです。
# make dep
# make
# make modules
# make modules_install
# make install
moduleだけ作りなおす場合は
# cd /usr/src/linux
# make modules SUBDIRS=drivers/net
# make modules_install SUBDIRS=drivers/net

ppp modulesを使用可能に

# lsmod
       ppp 関連の moduleを確認する
# rmmod  ppp_deflate  ppp_async bsd_comp ppp_generic
# insmod ppp_mppe ppp_deflate  ppp_async bsd_comp ppp_generic
/etc/modules.conf に
alias ppp-compress-18 ppp_mppe
を追加する。

radius serverで認証させる

freeradiusで認証させてみます。
# vi /etc/ppp/pptpd-options

plugin radius.so
と
require-mschap-v2
require-mppe
require-mppe-128
mppe-stateful
があることを確認
plugin radius.so があると、 +chapなどは無視される。


# vi /etc/radiusclient/radiusclient.conf

authserver      makioka.y-min.or.jp:1812
                ここを使用するserverにする

# vi /etc/radiusclient/servers

使用する radius serverと接続のためのpasswordを記載しておく。

#Server Name or Client/Server pair              Key
#----------------                               ---------------
radius.y-min.or.jp                              hogehoge

このpasswordは radius serverの
/usr/local/etc/raddb/clientsのものと一致している必要がある。

[ Nob's Home | Linux/i386 ]

nob@makioka.y-min.or.jp