Nob's page of Audio---SP02

[ Nob's Home | Audio | スピーカー ]

手作りアンプの会の会合に出席し筒型のスピーカーを拝見して興味を持ちました。

googleってみると、塩ビ管でスピーカーを作っている方々がいました。
集まれ塩ビ管スピーカーです。

いろいろ調べるとTQWT(Tapered Quarter Wave-length Tube)または
TQWP(Tapered Quarter Wave-length Pipe)という方式のスピーカーがあることがわかりました。
塩ビ管で作っていらっしゃる TQWT式スピーカーの作成を参考にしました。

遊びのつもりでユニットはコイズミ無線でダイトーボイスAR-7を¥800x2で購入してきました。
最低共振周波数145Hzなんで、低音は期待できないはずですが、、、


塩ビ管なのでもちろん直管です。
長さは全長で1.5mとし、共鳴周波数は60Hzあたりを狙います。
1/3の位置にユニットを設置します。
塩ビ管はVU65mmの1mを3本購入。1本を半分に切断。
1mと50cmの間にチーズというT字型の継手を接続。
このチーズの正面の穴にユニットを固定します。
(あとで写真を載せます)

50cm側を床にそのまま載せて鳴らしてみると、、、
意外に低音がでます。 そこで、床側の50cmにもう1つチーズを装着し前面に音が抜けるようにしました。
これでボーボーとした感じはかなり改善したのですが、
さらに、このチーズの中に 水槽の濾過装置に入れる60cmの長さの白いマットを
縦半分に切って吸音材として入れました。これで完璧です。
100円ショップから鉄コンロ(固形燃料を入れて燃やす小さなもの)を購入。
足として下のチーズに装着しました。


[ Nob's Home | Audio | スピーカー ]
nob@y-min.or.jp