Nob's page of Audio---Gainclone3台目

[ Nob's Home | Audio | Gainclone ]

Gaincloneの3台目です。
diyAudio.comを読んでいると"Buffer"の話がよく出ています。
これはInverted Gainclone (IGC)の前段にバッファを入れることで、
真空管、JFET、オペアンプなどが使用されています。

IGCの場合、入力インピーダンスは10kΩになります。
この前にオペアンプを入れて入力インピーダンスを増やすこととしました。
オペアンプには、以前DACに使おうとしてせっかく購入したのに放置していたAD797を使用しました。

回路はこのようになりました。

Making

あまり音がよくなかったnon-invertedのものをinvertedに改造しました。
AD797の電源はLM3875の±18Vを3端子レギュレーターTA7812SとTA79012Sで±12Vに安定化させて使用しました。

Listening

bufferのない通常のinvertedに比べ、音の解像度が増しました。
細かな音が生き生きと聴こえます。
これがメインのシステムになりそうです。
いずれ電源を左右別にして再度作ってみたいと思います。
しかしバッファまで入れると、もはやGainCardのクローンとは
懸け離れたものになっていると思います。(まあ音がよければいいか)
[ Nob's Home | Audio | Gainclone ]
nob@y-min.or.jp