画像診断システム---BASIL@LINUX


  • 【概要】
    DICOMの機能をLinux上に実装。
    の3点をTCP/IPで接続。

  • 【Powred by Linux】
    中心となるDICOMサーバをfree PC-UNIXであるLinuxで構築。
    DatabaseシステムもfreeのPostgresSQLを使用。
    Open sourceを活用する事により,システム全体のコストを低減。

  • 【画像圧縮】
    BASIL@LINUXは,画像を圧縮して保存。
    データは8bit化されJPEG方式で圧縮。
    CR画像は1/20に圧縮(10MB→500KB)
    CT画像は1/10に圧縮(8MB→800KB)
    対象画像によって圧縮率を変える画像の乱れを防止。

  • 【安価なチェンジャー】
    ロボットチェンジャーは高価
    BASIL@LINUXではメディア交換は半月〜1ヶ月に1回程度。
    手動でメディアの交換をする事でコストダウン。

  • [ Start | TOC | 画像診断システム ]