山梨市より委託を受け、山梨市立牧丘病院内に開設している在宅医療連携拠点事業「サポートやまなしし」が市民講演会を開催いたします。

 

テーマ: 「大切な人を看取る」ということ

 

あなたはご自分の「大切な人の最期」について考えたことがありますか?毎日の生活に追われて考えている余裕なんてない、できれば考えたくないことだと思うでしょう。

しかし、人間はいつか最期の時を迎えます。「大切な人の最期」を考えておくことは、自分の「生きかた」を考える上でも大切なことだと言えます。

今回ご自身の親を看取られたお二人の方をお招きし、お話を伺います。

講演・シンポジウムを通して学びを深め、いつか来る家族や大切な人の看取りを考えるきっかけにしていただきたいと思います。是非、ご参加ください。(参加無料)  

日 時: 平成28年11月6日(日) 12:30受付 13:00~16:30  
会 場: 山梨市民会館  303会議室
  (山梨県山梨市万力1830 電話0553-22-9611)
対 象: 山梨市在住者(定員:100名) 申込み不要
講 師: 大熊  由紀子氏 ジャーナリスト・国際医療福祉大学大学院教授
  牛山  京子氏   歯科衛生士・広島大学歯学部非常勤講師

 

主 催: サポートやまなしし、山梨市
後 援: 山梨お口とコミュニケーションを考える会
問い合わせ: サポートやまなしし(市立牧丘病院内)電話0553-35-2055
  山梨市地域包括支援センター     電話0553-23-0294