実践的対策


調理する人は、料理の直前に薬用せっけんで手をよく洗うのは常識。また、途中で場を離れた時の忘れずにきちんと洗うこと。腸炎ビブリオ菌は、煮沸で瞬間的に死滅するし、乾燥にも弱い。まな板や包丁は熱湯をかけて乾かす。10度以下なら繁殖しないので、冷蔵庫の食品管理も非常に重要です。

もう一つのポイントは、料理してから早く食べることです。取り置きのおかずなど、きちんと冷蔵しましょう。また、冷蔵してない時は、直前に火を通し直すようにしましょう。 腐敗と違い、味やにおいでは危険はわからない。また、真水に弱いと言われるが、食品を水洗いしても実際には死なない。からだの弱い人(疲れている時や、肝硬変患者・手術後の患者)は、夏期は生物は避けたほうが安全です。暴飲暴食も発病に影響するので気を付けましょう。


前のページに戻ります