副作用

副作用(早期発見し,悪化を未然に防ぐ)


  1. 初期症状

    皮膚・全身・胃腸系にでやすい (眠気,のどの乾き,発疹,かゆみ,胃痛,吐き気,めまい,痙攣,下痢など)

  2. 初期症状が治まらない場合は,使用を中止しすぐに医師・薬剤師に相談する

  3. 使用者自身が薬の特性をよく理解すること

  4. 自分勝手な判断で使用しない

  5. 市販薬と処方薬は一緒に飲まない


  6. 年齢,体質,性別,人種,病気の種類など様々な要因が関係している。


    前のページに戻ります。