塗り薬の使い方

軟膏・クリーム・ローション・スプレーなど

塗り薬といっても、いろいろあります。
その使い方も皮膚病、痛み止めなどあったり、同じ成分の薬でも
皮膚の状態や部位によっても種類を使い分けます。


  1. 軟膏・クリーム
  2. ローション
       (流れやすい。皮膚乾燥作用。軟膏より刺激性大)
  3. スプレー
  4. ゲル剤
    口内炎では、
    *誤って多少飲んでしまったとしても心配ありません。

    眼軟膏では、
    *眼軟膏が汚染されないようにぬってください。---手はよく洗って。
    *眼軟膏は体温で自然に溶けます。つけた後、溶けるまですこし
     待ちましょう。

    副腎皮質ホルモン(ステロイド)の種類は、
    その効果の強さによって5段階に分かれています。
    1(強い)〜〜〜5(弱い)とすると

    1---デルモベート、ジフラール、ダイアコート 
    2---ビスダーム、リンデロンDP,トプシム、パンデルなど
    3---リンデロンV,ベトネベート、プロパデルム、メサデルム、フルコートなど 
    4---ロコイド、レダコート、トリシノロンなど
    5---プレドニゾロン、コルテスなど
    使い方を間違えると、副作用の多くでる薬です。

    ステロイドは、
    長期にわたり漫然と使用しないことが肝心です。

    非ステロイド系抗炎症剤の種類は、
    スルプロチン、アンダーム、スタデルム、コンベックなど。


    塗り方の基本は、
    1)まず迷ったら軟膏をつける。
    2)しもやけなど血行をよくしたい時はマッサージするように
      つける。
      虫さされしっしんなどは、刺激しないようにそっとつける。


”薬のおはなし”講座に戻ります。