院内感染防止全般についての基本事項

感染防止対策

[ Makioka Home | 院内感染対策manual | Prev | Next ]


感染防止対策



   院内感染対策委員会の設置とその指導によるサ−ベイランス網の確
  立及び職員教育が対策の基礎となる。
   感染源の排除及び伝播の遮断のため、下記の事項に留意する。特に
  MRSAの場合、感染源の排除には抗生物質の濫用を防いで耐生菌を
  発生させないことも含む。

     手洗い、簡便で有効なのは、手洗いである。患者や医療従事者
     の手指は感染源に容易に接触でき、しかも起因微生物の伝播の
     媒体となる。「2.MRSA感染について」の項で後述するが、
     手洗いは、院内感染防止の最も基本的項目である。

     環境対策、消毒業務、院内の整頓、不必要な物品の病室からの
     排除、清掃及び廃棄物処理の励行は、院内感染防止の基本であ
     る。

     特殊な感染対策
     ア. カテ−ル操作や外科手術における感染防止、IVHにお
        ける敗血症防止、易感染性患者における肺炎等の日和見
        感染防止等
     イ. B型肝炎、C型肝炎、帯状疱疹、常在菌の変異耐性菌等
        特殊病原体による感染症の対策
     ウ. 麻疹、流行性耳下線炎、風疹、水痘、B型肝炎等の病院
        流行防止のため、必要なワクチン接種の励行


[ Makioka Home | 院内感染対策manual | Prev | Next ]