院内感染防止全般についての基本事項

職員教育

[ Makioka Home | 院内感染対策manual | Prev | Next ]


4.職員教育

   病院職員は、日常の診療業務に追われるため、予防業務の経験が少
  なく、また関心も低い、院内感染対策は、前述したように、基本的に
  は病院という特殊環境における予防事業である。
   院内感染対策は、一部の職員の努力だけでは効果が上がるものでは
  ない、すなわち、院内感染の伝播は各科にまたがり、病院職員全部の
  協力がなければ予防につながらない。
   以上2点から、院内感染対策にはには職員の教育が重要であり、そ
  の教育は院内感染対策委員会が責任を持って、下記のような項目で行
  うのが不可欠である。

    サ−ベイランスレポ−トの関係者への配布と意見聴取

    院内感染について、関係職員による疫学調査成績も踏まえた症例
    検討会

    特に医師や看護職員等を対象にした院内感染への関心の高揚と知
    識、技術の普及のための研修会

   院内感染防止のための定期的な講演会

   職員自身が感染源とならないように、正しい手洗いや滅菌消毒の励
   行、器具の正しい使用方法等、基本的事項に関する教育。


[ Makioka Home | 院内感染対策manual | Prev | Next ]