院内感染防止全般についての基本事項

院内感染防止の考え方

[ Makioka Home | 院内感染対策manual | Next ]


院内感染防止の考え方

   院内感染防止は、病院という特殊環境、すなわち様々な疾病が集中
  し、集団生活を営む中で各種の治療が実施される状況において発生す
  る感染症ぬ対する予防事業である。治療は、感染源を少なくするいみ
  で伝播阻止に役立つが、あくまでも予防に重点をおくことが重要であ
  る。不適当な予防事業から生じる院内感染は、患者に不必要な苦しみ
  と医療費の支出を強いるとともに、病院にも過大な負担を及ぼすこと
  に留意すべきである。


A.定 義
 
   院内感染症の定義は、「病院における入院患者が原疾病とは別に、
  新たに羅患した感染症、又は医療従事者が院内において羅患した感染
  症」とする。
   
B.感染源
 
   感染源は、微生物(細菌、ウイルス、真菌、原虫など)を保有し、
  これを人に伝播する感染発症者、保菌者、汚染された器具、機械などである。
   
C.感染の成立
 
   病院の環境及び医療業務の状況によって、患者及び医療従事者は感
  染源に曝露されるが、その微生物の病原性、量と患者などの感受性の
  バランスによって感染が成立する。近年、入院患者の高齢化、免疫抑
  制剤の頻回な使用、侵襲の大きい医療の導入などのために易感染性患
  者が増加し、これが感染の成立を容易にし、院内感染対策の重要性を
  増加させている。                       
   
D.院内伝播の様式
 
   (環境)
     不完全な清掃、整頓、消毒及び滅菌により、播布された起因微 
     生物が残存、繁殖し空気を介して、又は接触によって感染が起
     こる。
   (医療業務)
     医療従事者の汚染された手指が媒介となつて感染が起こる。
     不完全な診断方法により感染源を認識できなかったために感染
     が起こる。例えば、重症のARSAの患者の診断が遅れた場合
     など。
     感染しやすい診療方法、例えば長時間の外科手術やカテ−テル
     留置によって感染が成立する。
   
   以上のような伝播様式がどの程度にに起こっているかは、各病院の
   状況による。 や の頻度は、予想外に高いことが推定される。
   
E.院内感染の発生報告と調査 (サ−ベイランス)
 
   院内感染発見のてめには、確実な報告システムの確立とその機能強
   化すなわちサ−ベイランス網の確立が必要となる。このサ−ベンラ
   ンスのは、報告システムの確立、院内感染が発生した場合の報告義
   務化、積極的な起因微生物及び感染ル−トの検索及び報告された感
   染症についての必要な疫学調査及び起因微生物の分離、同定等が求
   められる。
   


[ Makioka Home | 院内感染対策manual | Next ]